誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

遺族へ挨拶をする、どんな言葉がふさわしいか?

ノンカテゴリ

遺族へ挨拶をする、どんな言葉がふさわしいか?
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

遺族への挨拶の言葉はどんな言葉がふさわしいのか

お通夜や葬儀に訪れた際に遺族や喪主に
どのような言葉をよいのか迷いますよね。

お悔やみの言葉は短く、少ない言葉でと
いうのが、お悔やみのマナーです。

「このたびはどうも・・・」
「突然のことで・・・」
「なんと申し上げてよいか・・・」
というように、途中で言葉を切って一礼する
だけで十分とされています。
何か気の利いたことを言わなくても失礼では
ということはありません。

ただ、お悔やみの言葉は宗教によって違いが
あります。よく使われる「この度はご愁傷様です」
とか「ご冥福をお祈りいたします」などは、仏式
だけの言葉ですので、キリスト教や神式に使うのは
タブーです。

神式では、故人の体から霊を移す「神霊祭」と
呼ばれる儀式です。そのため「御霊のご平安を・・」
「礼拝させていただきます」などの挨拶になります

キリスト教式の葬儀では、イエスのもとへ召される
ことと考えられているので、一般的には「安らかに
お眠りくださいますようお祈りいたします」などの
言葉が使われるそうです。

仏式、神式、キリスト教式のどの宗教でも「お別れ
させていただきます」「お参りさせていただきます」
という言葉が通じるようです。

なりより大事なのは言葉より、心を込めた挨拶だと
おもいます。ご遺族への哀悼の気持ちしっかりと
伝えることが大切です。

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
1
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸