5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

「お仏壇 手を合わせる」!

ノンカテゴリ

「お仏壇 手を合わせる」!
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

お仏壇に手を合わせる手順は?

仏壇の最も古い形が法隆寺の玉虫厨子で
それ以降、中世になってから有力者が
自宅に仏間を作り、仏像を安置したのが
始まりとされています。

江戸時代になって、お寺の仏壇を小型化
して民間にも広まっていきました。

現在の主流の三段の仏壇は、宗派によって
違いはありますが、一般的には一番上に
本尊と位牌を中段にはお供え用食器、茶器
高坏、仏具類(線香立て、香炉、燭台、
おリン、花立て)は手前の下の段に置きます。

仏壇に手を合わせるのは、朝夕の二度行う
のが正式とされているようです。

最初にマッチでろうそくに火をつけます。
この明りで仏様やご先祖の霊が目覚める
そうですが、ろうそくの火には周りを浄化
する作用があると考えられています。

ろうそくに火をつけたマッチの火は息で
吹いたりして消したりするのは厳禁です。

マッチを消すための仏具(マッチ消し)
を用意しておきましょう。

次にろうそくの火で線香をつけ、香炉に
立てます。(浄土真宗、浄土宗などでは
寝かせます)

仏様に線香をあげると言いますが、線香を
あげることが焼香と同じで、仏様を拝む
ということになります。

線香の本数は一般的に一本または三本です
線香の煙は「仏様を煙にのせてお連れする」
といわれ、線香の香は仏様の霊威が宿って
いると古くから信じられてきました。

線香をあげたら、おリンを二回打ち(外側
ではなく内側を静かに打ちます)手を合わせ
お経を唱えます。手を合わせたあと、再び
おリンを二回打って深く礼をしてろうそくの
火を手であおいで消してから軽く礼をして
お参りを終わります。

手を合わせる作法は、指先を揃え、胸の前の
高さにして前のほうに突き出さないように
しましょう。

お引出物はこちらからご覧いただけます。

  ↓   ↓   ↓

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
1
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ