5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

お通夜ぶるまいでの礼儀 作法ついてまとめてみました

ノンカテゴリ

お通夜ぶるまいでの礼儀 作法ついてまとめてみました
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

お通夜・お清めの席での礼儀について

お通夜は、昔は遺族や親戚だけなど身内の
者が、故人をしのびながら線香とろうそくの
火を絶やさず一夜を共に過ごす儀式でした。

今では、親戚でなくとも、親しい間柄であれば
お通夜に駆けつけます。また、葬儀・告別式に
どうしても参加できないのでお通夜にだけでもと
参加される方も多くなってきているようです。

お通夜は、夕刻から始まることが多いので場所を
確認して仕事が終わってから駆けつける方も多い
と思います。

お通夜の席では、僧侶のお経が終わりご焼香します。
お通夜が終わると、供養に集まった人たちに軽い
食事のもてなしがあります。これが「清めの席」での
通夜ぶるまいです。一人で参列した場合は、通夜ぶる
まいの席には立ちよりにくいと思いますが、清めの席
での通夜ぶるまいというのは、食べることによって
故人の供養をするという意味があるので、断らずに
もてなしを受けるのが礼儀となります。

祭壇の写真を見ながら、一口だけでもお料理などを
いただく、それが故人の冥福を祈ることになります。

お清めの席は、故人の思い出話をして供養する場なので
大声で話したり長居は禁物です。久しぶりに会う親戚や
知り合いもいたりして、つい宴会のようになって飲みす
ぎていては故人の供養にはなりませんので、遺族の方の
心労も考えて、早めに腰を上げるようにしましょう。


Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
1
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!