次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

厄年  女三十三歳、男四十二歳が大厄の年齢のワケ?

ノンカテゴリ

厄年  女三十三歳、男四十二歳が大厄の年齢のワケ?
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

厄年 男は四十二歳・女は三十三歳が大厄?

厄年というのは、災難や不幸に出会うことが
多いとされる男女の年齢の事を指しますが、
一般的には、男が二十五歳、四十二歳、六十一歳
女が十九歳、三十三歳、三十七歳ですが、

特に、男の四十二歳は「死に」、女の三十三歳は
「散々」に通じるということで、一生の中でも大厄
とされていて、厄年の前年は前厄、本厄と後年の
後厄(はね厄)と合わせて、前後三年間続きます。



もともとは、平安時代の陰陽道の考えにもとづいて
広まったもののようです。


男女ともこの年齢になると、体調の点でも、社会的な
役割でも大きな変化が起こりやすいので、こういった
信仰が今も続いているのかと思われます。


このため、厄年には神社や寺院などで厄払いのご祈願
をしてもらう人が多くいます。


特に、初詣のときは多くの方が厄払いをいていますね。


また、中学などの同級会を開催して全員で厄払いをして
いるようなお話も時々見聞きします。


世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
1
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう